設立の趣旨

設立趣意書

「むさしのみたか市民テレビ局」は、武蔵野・三鷹で暮らす私達がつくり育てる市民のためのテレビ局です。
さまざまな出来事、さまざまな生き方、さまざまな考え方を伝えあう中で、人を知り、まちを知り、新しいつながりや理解が、生まれ育ち広がっていく、そんないきいきとしたまちづくりを実践し、また支援するため、市民による市民のためのテレビ局として設立します。
2000年3月15日 (2002年7月1日改訂)

事業

事業の目的

この法人は、武蔵野・三鷹を少しでも暮らしやすくする生き生きとしたまちにするため、 地域のために設置されているケーブルテレビ局のコミュニティーチャンネルを活用して、 まちや人に関するさまざまな出来事、さまざまな生き方、さまざまな考え方を伝える 映像番組を制作・支援し放送する。
 また、青少年や広く市民を対象とした映像作品制作支援活動を実施して、映像を使った 表現力や映像メディアを読み解く力を養う社会教育活動も担う。
 このように地域に根ざしたテレビ番組制作と映像制作支援活動を行い、まちづくりや社会教育活動をすることを事業の目的とする。

特定非営利活動に係わる事業
  • 武蔵野、三鷹のまち・人に関する映像メディアの企画・制作・提供
  • 映像メディアの企画・制作の出来る人材の育成
  • ビデオ編集、カメラ撮影、アナウンス講習会等各種講習会の実施
  • 武蔵野、三鷹に関する特色ある人、建造物などの映像資料の収集、保存、提供
  • その他この法人の目的を達成するために必要な事業
収益事業
  • 企業・団体等に対する映像広告企画・制作
  • MMCTVで制作した映像メディアの販売

沿革

1998年 秋 武蔵野三鷹ケーブルテレビ株式会社より、「放送枠の一部を市民に開放する」ことが提案される
2000年 1月 市民テレビ局開局準備室開設
2000年 3月 武蔵野三鷹ケーブルテレビ株式会社と、「むさしのみたか市民テレビ局」との間で、パートナーシップ協定が結ばれる
ボランティア局員募集を開始
2000年 7月 市民による市民のためのテレビ局を目指し、「むさしのみたか市民テレビ局」(通称MMCTV)を開局、 テレビ番組の企画・制作を開始
2001年 1月
武蔵野三鷹ケーブルテレビのコミュニティーチャンネルで番組放送開始
2001年 7月 レギュラー番組「わがまちジャーナル」放送開始
2002年 12月 特定非営利活動法人設立認証・登記、初代代表理事 川井信良 就任
2003年 7月 開局3周年。「第1回市民ビデオまつり」を主催
2004年 1月 第1回全国市民メディア交流大会」参加
2005年 3月 愛・地球博「市民放送局」に参加
2005年 4月 成蹊大学メディアリテラシー実習事業」開始
2005年 7月 開局5周年。「市民テレビ局員養成講座」開講
2005年 10月 動画配信開始、「吉番」放送開始
2008年 5月 二代目代表理事 西海真理 就任
2008年 7月 「別冊わがまちジャーナル」放送開始
2008年 10月 「みんなのビデオ」「市民テレビ局映像ファイル アンコールアワー(現「時を超えて」)」放送開始
2009年 1月 MMCTV番組審議会設置
2010年 4月 全国公募による新マスコット「ムーミちゃん」誕生
2010年 7月 開局10周年記念式典開催
2010年 9月 武蔵野三鷹メディフェス2010」(第8回市民メディア全国交流集会)主催
2012年 5月 「吉番」フルハイビジョン放送開始
2013年 10月 全番組 フルハイビジョン化なる
2014年 3月 「吉番」第100回をもって終了
2014年 4月 株式会社JCN武蔵野三鷹(現株式会社ジェイコム武蔵野三鷹)吉番」と覚書取り交わし
2015年 7月 三代目代表理事 土方弘子 就任

法人概要

名称特定非営利活動法人むさしのみたか市民テレビ局
略称MMCTV
事務所東京都三鷹市下連雀3丁目38番4号 三鷹産業プラザ地下1階
代表理事土方弘子